暮らす・働く 学ぶ・知る

小樽・北日本消毒のカレンダー コロナ禍も「かっこよすぎる」と話題に

まるで「太陽にほえろ!」貴重な親子ツーショット

まるで「太陽にほえろ!」貴重な親子ツーショット

  • 67

  •  

 小樽の環境衛生企業「北日本消毒」(小樽市港町)が12月、「かっこよすぎる」と例年話題となっている販促用カレンダーの2021年度版を製作した。

撮影現場の小樽の港も映える

 同社のカレンダー製作は、2014年度版から始まり、2021年度版で8回目。湊亨社長によると、今年のテーマは、同社の社長交代を受けて「世代交代」とし、今年で社長を退き会長職に就いた湊晃一さんを前面に押し出した。花束を持ち、バイクに寄りかかる湊晃一さんのソロショットを表紙に起用し、4月と5月を除く11枚に社長が登場。湊社長が社員とともに、敵役に扮(ふん)する害虫と戦いを繰り広げる。

[広告]

 10月の写真には、懐かしのテレビドラマ「太陽にほえろ!」の殉職シーンを思わせるように倒れる湊晃一さんと、晃一さんを抱きかかえる湊亨さんの「親子ツーショット」。11月と12月の写真が待ちきれない作りとなっている。

 カレンダーの仕様はクリアケース入り卓上カレンダーで、2014年度版から変わらず、1カ月ごとのA6カレンダー12枚と表紙1枚を立てて使うことができる。製作は、過去7作品と同社の「かっこよすぎる会社案内」の写真を手掛けた「スタジオフォトス」(花園1)の濱田剛さんが担当した。

 湊亨さんによると、コロナ禍による自粛ムードで、カレンダーも今年は中止にしようと考えていたというが、全国の取引先から「来年のカレンダーも楽しみ」「カレンダーを置く定位置を空けて待っている」などの声を聞き、少しでも世の中が明るくなればと製作に踏み切ったという。

 湊亨さんは「コロナ禍で今も地域をまたぐ移動がしにくい状況になっている中、弊社のカレンダーで小樽の景色を楽しんでいただければ。小樽にたくさんの観光客が戻ってくるよう、このカレンダーが役立てば」と話す。

 同社は害虫・害獣駆除や悪臭消臭、遺品整理などを取り扱う環境衛生企業。1982(昭和57)年に湊亨さんの父・湊晃一さんが創業。現在は、鹿やアライグマなど、大型の害獣にも対応するほか、行政などからの委託で犬や猫の保護、食品衛生に関するコンサルティングなどの業務を手掛ける。

 カレンダーは非売品。同社の得意先に配布している。