学ぶ・知る

小樽水産高出身の亀山英輝投手、全力投球でドラフト吉報待つ

亀山英輝投手(画像提供=徳島インディゴソックス)

亀山英輝投手(画像提供=徳島インディゴソックス)

  • 48

  •  

 小樽出身で徳島インディゴソックス(以下、徳島IS)に所属する亀山英輝投手(小樽水産高―札幌大)が、10月26日に開催される「2020年プロ野球ドラフト会議」を控え、徳島の地で吉報を待っている。

札幌大学時代の亀山投手(画像提供=札幌大学野球部)

 亀山投手は、小樽水産高校を経て札幌6大学野球の強豪・札幌大学に進学し、野球部に所属。最速148キロの速球主体の投球でチームに貢献し、注目を浴び始めた。大学卒業後は、日本プロ野球(NPB)を目指し、四国アイランドリーグplus (以下、四国IL)に所属する徳島ISに入団。球速は151キロに達し、ナックルカーブやスプリットなど変化球のコントロールや切れに磨きをかけ、徳島ISに入団してから身に付けたカットボールで不利な局面を打開できるようになるなど、「クレバーな投球術」も覚えた。

[広告]

 慣れない道外での暮らしとコロナ禍で、思うように練習や試合に取り組むことができない中、6月の開幕から、主にクローザーとして9試合に出場。防御率0.00、2勝0敗4セーブ、奪三振率12.54の成績を収め、6~7月度の読売新聞月間MVPを受賞(投手部門)。その後もリーグで存在感を示し、9月にNPB3球団、ドラフト直前の10月には2球団から調査書が亀山投手に届いた。

 亀山投手は「ここまで来たら、あとは神頼み。運とか縁とか、そういうものもあるかもしれない。リーグ戦も残っていて、順位も確定していないので(10月22日現在)、最後の最後まで全力で野球に取り組みたい」と話す。

 亀山投手がドラフト指名を受けた場合は、出身の小樽水産高校、札幌大学ともに、初めてのNPB選手輩出となる。小樽市内の北照高校は、NPB選手を多く輩出しているものの、小樽水産高校出身の亀山選手がドラフト指名を受ければ、「小樽」を冠した高校としては初のNPB選手輩出となる。

 同球団は10月26日、「2020プロ野球ドラフト会議」の開催に際し、亀山英輝投手らドラフト指名候補者と同会議の進行を見守る様子をユーチューブで生配信する予定。配信時間は17時~。