3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 暮らす・働く

小樽で「しゃこ祭」-ブランド化など視野に旬のシャコを味わう

昨年の「しゃこ祭」の様子

昨年の「しゃこ祭」の様子

  •  
  •  

 小樽港第3号ふ頭多目的広場(小樽市港町)などで11月15日・16日、「第7回 小樽しゃこ祭-シーフードマーケット」が開催される。

昨年の会場の様子

 小樽産シャコのブランド化と知名度向上を目的とする同イベント。メーン会場となる同広場では、小樽沿岸で捕れる「秋しゃこ」を「しゃこ浜なべ」や「ゆでしゃこ」の実演販売など、さまざまな企画で提供する。そのほか、恒例となっている小樽商業高校による「しゃこせんべい」販売やオリジナル缶バッジの配布も実施。東海大学生物学部海洋生物科学科による企画として、生きているシャコの生態や小樽産シャコと世界で捕れるシャコとの違いが学べる水槽やパネルが展示される。

[広告]

 運河プラザ(色内2)3番庫会場では、同祭の公式キャラクター「荒波しゃこ次郎」にちなみ、「しゃこ次郎ぬり絵展示会」「しゃこ次郎等身大看板」などが小樽商業高校の協力により開催。同会場で進呈される缶バッジを新南樽市場(築港)で開催される「シーフードマーケット」での会計時に見せると、10パーセント引きになる連携企画も。

 開催時間は10時~15時。入場無料。