見る・遊ぶ 学ぶ・知る

小樽市総合博物館、4月のイベント受け付け開始 感染拡大対策協力も呼び掛け

小樽市総合博物館

小樽市総合博物館

  • 9

  •  

 小樽市総合博物館(小樽市手宮1)が4月1日、4月に行われる各イベントの予約受け付けを始めた。

 17日・18日(時間=9時30分~12時)には、屋外に展示されている鉄道車両を冬の雪から守るためかけられていたブルーシートを外すことができる恒例の「屋外展示車両シート外し体験」を開催。各日定員30人で、荒天時は中止となる。17日(時間9時30分~12時)には、雪解け直後の森と海岸を歩き、早春の花や鳥を観察する「早春の山中海岸を歩く」を開催。定員15人で、保険料として200円が必要。29日には、ミュージアムラウンジ「日本遺産炭鉄港展示施設の見どころについて」を開催し、同館学芸員の佐藤卓司さんが部分改修した鉄道展示室の展示ポイントを解説する。定員は20人。以上のイベントは事前申し込みが必要。

[広告]

 そのほか、事前申し込み不要で、4月10日~5月5日には、改修したプラネタリウムで星空と全天周を投影する「新プラネタリウム投影」(平日=12時~12時15分、14時30分~14時45分、土曜日・日曜日・祝日=10時~11時30分、14時~15時30分、各回15分で随時実施)が開催。各回、先着順で定員24人。4月17日~6月27日には、企画展「おたるの『春』みーつけた」が開催。4月29日~5月5日には、蒸気機関車の走行の様子や連結作業、転車台での方向転換などを観覧できる「蒸気機関車アイアンホース号運行観覧」(11時30分、13時30分、14時30分、15時30分、4月30日=14時30分運休)が開催される。

 マスクの着用や検温など、感染症対策への協力を入館者に協力を呼び掛けるほか、新型コロナウイルス感染拡大状況などから、イベントの予定を変更する場合がある。

 開館時間は9時30分~17時。火曜休館(祝日の場合は翌日)。入館料は、大人=400円(冬季=300円)、高校生・市内在住の70歳以上=200円(冬季=150円)ほか。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース