暮らす・働く 学ぶ・知る

小樽運河のシンボル「北海製罐第3倉庫」で見学会&勉強会 保存・活用目的に企画

北海製罐第3倉庫

北海製罐第3倉庫

  • 27

  •  

 第3倉庫活用ミーティング事務局(小樽商工会議所業務課内、TEL 0134-22-1177)が現在、「北海製罐第3倉庫見学会&オープン勉強会」の参加者を募集している。

時間や角度により、さまざまな姿を見せる北海製罐第3倉庫

 解体が検討され、動向が注目されている北海製罐小樽工場第3倉庫(小樽市港町)の保全・活用に向けて活動する同団体では、3月20日に第3倉庫の見学会とオープン勉強会の開催を予定している。参加者には、マスク着用など感染予防策への協力を呼び掛ける。

[広告]

 見学会は、9時、10時、11時、12時の4回で所要時間は各50分。定員は各20人。同倉庫内の見学やテラスからの運河景観鑑賞などを予定する。オープン勉強会は、小樽市民センター「マリンホール」(色内2)で行う。北海道職業能力開発大学校特別顧問の駒木定正さんによる歴史的・建築的側面から見た第3倉庫についての基調講演や、参加者を交えての意見交換などを予定する。時間は14時~16時。定員200人。

 参加無料。申し込みは先着順。電話、ファクス、メールで受け付ける。

 併せて、第3倉庫の保全・活用に関する意見やアイデアも募集している。締め切りは3月12日。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース