3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ 暮らす・働く

小樽から笑顔を 「#小樽よいとこ」プロジェクトで魅力発信

「#小樽よいとこ」

「#小樽よいとこ」

  •  
  •  

 小樽観光協会は現在、「#小樽よいとこ SNS笑顔プロジェクト」を展開している。

投稿例(小樽観光協会・永岡さん)

 同キャンペーンは、新型コロナウイルス感染拡大を受け、小樽を盛り上げる試みとして、ツイッターとインスタグラムで「#小樽よいとこ」をテーマに、好きな場所や景色、食べ物などを投稿する「おしえて『#小樽よいとこ』Twitter&Instagramキャンペーン!」の後継企画。好きな場所や好きな食べ物、好きな時間、好きな店など、「#小樽よいとこ」と思うことを、紙に書いて、笑顔の画像とともにSNSで投稿する。前企画で投稿されたたくさんの「#小樽よいとこ」へのお礼と感謝の気持ちを込め、小樽の人から「#小樽よいとこ」を発信することを目的としている。

[広告]

 「#小樽よいとこ」は、小樽の情報を提供するツイッターアカウント「小樽アオバト情報局」が、小樽に関する情報などに同ハッシュタグを付けて投稿を呼び掛けて広がったもの。協会が同アカウント運営者に使用許諾を受け、キャンペーンにつながった。

 小樽観光協会の永岡朋子さんは、「前回のキャンペーンは好評を得たので、今度は小樽から笑顔の写真や動画、見た人が笑顔になるような写真や動画を発信していければ。団体の枠組みを超え、『#小樽よいとこ』を育んでいきたい」と話す。

 参加方法は、フェイスブック、インスタグラム、ツイッターいずれかの公式アカウントをフォローし、ハッシュタグ「#小樽よいとこ」「#小樽スマイル」の2つを付けて投稿。「#小樽よいとこ」ロゴ入りの用紙は、公式サイトからダウンロードできる。