食べる 買う 暮らす・働く

小樽でウニ漁解禁、市場やすし店にぎわう 

小樽産ウニを販売する鱗友朝市の様子

小樽産ウニを販売する鱗友朝市の様子

  •  
  •  

 小樽で5月15日、ウニ漁が解禁した。16日は、小樽市漁業協同組合地方卸売市場(小樽市色内3)で小樽産ウニの初競りが行われ、市内での販売が始まった。

 小樽では、まんじゅう型の殻で5~7ミリのとげを持つ鮮やかなオレンジ色の身のエゾバフンウニ(ガゼ、ガンゼ、赤)、厚く強固な殻で16~30ミリの長いとげを持つ薄黄色の身のキタムラサキウニ(ノナ、白)の2種類が獲れ、丼やすしなどの生食のほか、塩蔵などの加工品としても人気が高い。

[広告]

 小樽市内で一番早く店頭にウニを並べた鱗友朝市(色内3)内の鮮魚店では、午前中に完売状態となった。卸売市場関係者によると、しばらくは安定したウニの漁獲が見込まれているという。

 同市場の「大坂水産」でウニを買い求めた男性は「まだまだ値段は高いが、初物なので買いに来た。漁獲量が増えて、値段が手頃になる7月くらいにもう一度買いにきたい」と笑顔を見せていた。

 小樽のウニ漁は8月30日まで。

  • はてなブックマークに追加