見る・遊ぶ 暮らす・働く

小樽・奥沢水源地でライトアップイベント、地域資源への関心促す

ライトアップされた奥沢水源地(イメージ)

ライトアップされた奥沢水源地(イメージ)

  • 0

  •  

 小樽・奥沢水源地で8月31日、ライトアップイベント「奥沢水源地の新しい魅力『水と光のハーモニー』」が開催される。主催は小樽青年会議所。

奥沢水源地ライトアップイベント告知ポスター

 多くの市民が奥沢水源地を訪れ、その魅力を感じ楽しんでもらうことを目的とする同イベント。同施設の階段式溢(いつ)流路(水すだれ)と取水塔をライトアップし、綿あめ、ヨーヨー釣り、かき氷、カンテラ製作体験などの縁日を無料で提供する。

[広告]

 奥沢水源地は、1914(大正3)年に同市の水道行政とともに創設。2011年に創設時から稼働してきた奥沢ダムの堤体に陥没部分が見つかり、改修に数十億円以上の費用を要することや、同ダムを廃止しても必要となる給水量を他の水源で補えることから廃止が決定。同施設は、歴史的な遺産であり四季の景観に恵まれた空間であるため、現在、「奥沢水源地保存・活用検討委員会」を設置し保存方法や活用方法を検討している。

 同会議所は「奥沢水源地は小樽運河のように歴史ある施設。幅広い年代の方々に、縁日で楽しみながら、ライトアップされた水源地を見て、その魅力に気づいていただきたい。近隣町内会の方々にもご協力をいただくので、一緒に盛り上げていきたい」としている。

 開催時間は16時30分~20時30分。ライトアップ時間は19時~20時30分。入場無料。詳しくは、ホームページで確認できる。