食べる 暮らす・働く

小樽商大生が「あんかけ焼そば事典」作成-地元の魅力を全国に発信

小樽商科大学・江頭進教授とゼミ生

小樽商科大学・江頭進教授とゼミ生

  • 0

  •  

 小樽商科大学(小樽市緑3)江頭ゼミで学ぶ14人の学生が作成した「小樽あんかけ焼そば事典」(定価370円、オー・プラン)が9月中旬に出版された。小樽市内64店舗のあんかけ焼そば情報を掲載している。

第2版校正会議の様子

 同事典は、市内64店舗で提供されているあんかけ焼そばを1店舗につき1ページで紹介。そのほか、あんかけ焼そばの作り方や小樽あんかけ焼そばルーツ探しなどのコラムが充実し、事典限定クーポンも掲載する。取材や広告依頼など市内を走り回った学生たちは、同事典を「2013年度の完全調査」と自負する。協賛企業探しなどの資金繰りも学生たち自らで行い、出版にこぎ着けたという。

[広告]

 学生らは「この本を持ちながら小樽を歩いていただければ、小樽の魅力をより感じることができると思う。ぜひ、実際に手に取って読んでいただければ」と話した。「情報は常に新しくなるので、いつか後輩たちが新しい事典を作ることになると思う。その時に、私たちの培ったノウハウを伝えることができれば」とも。

 「学生たちはこの事典の作成を通じて、小樽のさまざまな人々にご指導やご厚意、時にはご叱責(しっせき)を受けながら、大学の中だけでは得られない経験をすることができたと思う」と話すのは、同ゼミで学生たちを指導する江頭進教授。「学生たちは小樽の街に育てていただいていると強く感じている」とも。

 同事典は小樽・札幌の書店などのほか、アマゾンでも販売する。

  • はてなブックマークに追加