見る・遊ぶ

浦和レッズ、小樽でトレーニングキャンプ-コンサドーレと練習試合も

ミニゲーム中心の練習風景

ミニゲーム中心の練習風景

  •  
  •  

 Jリーグ1部リーグ浦和レッドダイヤモンズのトレーニングキャンプが6月5日~11日、小樽市と余市郡赤井川村で行われている。10日にはコンサドーレ札幌との練習試合も予定。

阿部勇樹選手のサインをもらって「にっこり」

 同キャンプには、トップチーム選手27人とユース所属選手3人のほか、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督をはじめとするチームスタッフなどが参加。一行は5日早朝にバスで浦和を出発し、午前中の飛行機で羽田から北海道へ。昼過ぎにはキャンプ地となるキロロリゾート(余市郡赤井川村常盤)に到着し、多くのホテルのスタッフに歓迎され、花束贈呈も行われた。練習場は、小樽市望洋サッカー・ラグビー場(小樽市朝里川温泉1)とキロロリゾート多目的グランド(余市郡赤井川村常盤)で、練習風景は一般公開されている。

[広告]

 キャンプ4日目となった8日、小樽の練習場で午前と午後に練習が行われた。午後の練習はミニゲームを中心に2時間ほど行われ、土曜日ということもあり、練習場には多くの見物人が訪れた。練習後には、サインをもらったり、選手と一緒に写真を撮ったりするファンの姿も見られた。

 旭川から見物に訪れた畠(はたけ)さんは、Jリーグ開幕当初から同チームのファンで、海外での試合にも行ったこともあるという熱烈なレッズファン。息子の涼太くんは「阿部選手がかっこよかった。将来はサッカー選手になりたい」と、同チームキャプテン、阿部勇樹選手のサインを持ってうれしそうに話していた。

 日程や練習場などの詳細はホームページで確認できる。

  • はてなブックマークに追加